乙女式恋愛学習帳

教えて恋のAtoZ♡

一周廻って付き合いたくなってきたけどやっぱ嘘

明日、やっと推しに会える。

まあ、「会える」って言っても近くで話したり出来るわけじゃないけど。同じ空間にいるだけで「会う」って使うの、オタクだけですよね。お金を払って会っている時点でオタクなんです。逆に言うと友達はタダで会ってくれてるんだね!?コスパよすぎじゃん!

 

それはさておき。

最近、推しへの感情について深く考えることが多くなりました。

私はこのブログのはじめに♡ - 乙女式恋愛学習帳という記事に「ガチ恋オタク」というスタンスで応援していると書いたわけなんですけど、推しに会う前にもうちょっと整理たいなあと思って筆を執ったならぬキーボードを叩いております。

 

やっぱり私は「ガチ恋オタク」です。

もうちょっと詳しく言うと、推しのことが好きだし恋しているけど付き合いたいわけじゃない。ガチ恋だけどオタクの域を出てないので、「ガチ恋オタク」を名乗っています。「付き合いたいわけじゃないから!」って言い過ぎたため、一周廻って付き合いたくなりました。嘘です。

 

バイト先や学校ではよく「好きな人」の話になります。なんらかのコミュニティに所属している人なら誰もが経験しているでしょう。

私の推し、中島さんは紛れもなく私の好きな人です。

推し=好きな人ってまあロジックが破たんしていないようでしているんですよ。日本語の「好き」は広義に解釈できるので「好きだから推してんじゃん!」て怒られそうですね。恋愛対象の好き(Love)と、非ガチ恋オタクパンピの文脈にあるアイドルに対する好き(Like)は別物という話です。

私はコン喫で働いていたことがあるのでわかります。推していることとガチ恋は違う。

推しているよ」って言われた人にガチ恋されたときに「お前の”推す”は”推す”とは言えない」と散々思いました。今ではいい思い出です。

「推す」って誰かのことを応援することではないんですか?

念のため、国語辞典を引いてみることにします。

お・す【推す】

①後ろから力を加えて前進させる。「押す」とも書く。

②[適当な人として]ある地位につかせるようにすすめる。推挙する。

③よい物としてすすめる。推薦する。

(学研・現代新国語辞典)

まあ予想通りの結果です。「推す」ってワードはAKBが出てきてから流行した気がします。AKB界隈の人たちは総選挙があるからお気に入りのメンバーを、「選抜入りさせてあげたい!」みたいに②ある地位につかせるようすすめるっていう意味で使うのかな?それこそ、本当の選挙みたいにある人間を推薦することから「推す」ってワードを使うようになったのかもしれませんし。

私たちは、①後ろから力を加えて前進させるor自分が魅力的に思ったものを他人にも③よい物としてすすめるっていう意味で使っている気がします。

念のため引いただけなので、推しの定義についてはもう放っておきます。

 

声優は人前に出ること、名前が知れ渡ることが普通の職業より多い職業です。声優さんは人前に出るために自分の良い面を魅せようと、自分を取捨選択するでしょう。ラジオやイベントで声優さんは自分のパーソナリティをエンターテイメントとして提供しているはずです。私たちはそれを受け取り、「推し」を選びます。

ここで発生するガチ恋は、捻じ曲がったエンターテイメントの受け取り方なのかもしれません(捻じ曲がった、は言い過ぎですかね)。世間に放たれたものをどう受け取るのも自由ですが、楽な受け取り方ではないことは明白です。

 

それでも私は推しが好きな人です。「付き合いたい人」のことだけが「好きな人」だというのなら違うのかもしれませんが、私は推しに恋をしています。恋をして叶った結果にお付き合いがついてくるだけだし、恋をしている人すべてがお付き合いをゴールにしているわけではありませんし!!好き好き同士なのに付き合わない少女漫画あるでしょ!そういうこと!!

 

誰かに「好きな人誰?」と尋ねられたら私は迷わず推しの名前を挙げます。

オタクではない人には必ずと言っていいほど「え、絶対付き合えないよね?」って言われます。そういう問題ではない(憤慨)。ラジオのお悩み相談室コーナーでは叶わない恋の行方に関する相談が頻出しており、パーソナリティは「叶わない恋にかける時間は無駄。さっさと次に行こう」系の回答をしていますが・・・。じゃああなたたちは恋を成就させるために恋をしているのですか?恋ってそんなに理性的なものなのですか!?

 

やっぱり私は推しと付き合うことを目的として恋をしているわけではないんです。恋のときめきを保ちながらも声優として応援してる、そんな感じ。「ガチ恋オタク」って言葉が一番合っている気がする。「リアコ」って呼んでもいいんだけど、なんとなく声優としてのお仕事の中で触れ合って好きになったから、私は地の果てまでオタクなんだと思います。それに「オタク」って響きが合ってる。

失恋ショコラティエ』(小学館水城せとな先生)の中でも共演したバンドマンを好きになったえれなが「ブログは読んでない。ブログはファンの為に書かれたものだから読んだらファンになっちゃう」的なこと言ってましたしね!?これ私的にすっごく刺さってお金払って会いに行ってる私もう死ぬほどファンじゃんって思った。

 

ガチ恋だから会いたくなっちゃうし、会いに行く度に恋に落ちてる。

それと同時に、声優としてももっともっと好きになっていってる。それはお仕事をしている姿にときめいてるとかじゃなくて、推しのお仕事の成果が魅力的だと感じてる。私は彼の織り成すお仕事が大好きなんです。

恋をしているから会いに行くのと、推しの仕事が好きで楽しみに観に行ってる、そんな気持ちが共存しています。

この前お手紙に「私ガチ恋です!」とペンを滑らせてしまって猛省しています。いやーぺんてるのエナージェルは滑りがいいですよね!ばかやろう。推しの仕事の邪魔をしたいわけじゃないのに「言ってしまいたーい!」って気持ちが優先されてしまった。働け理性。

 

私の推しは声優っていう仕事にすごく誇りを持っている人です。それが言動やらお仕事に対する姿勢でひしひしと伝わります。そんなところが大好きです。だからこそアイドル的な見方をしている自分が嫌で仕方なかったんですもん!うっかり「ガチ恋ですごめんなさい!」とか言っちゃったよ!?もう手紙書きたくないな??書くけど。ガチ恋だから謝ってどうこうって問題じゃないですからね・・・!

 

でも大好きって伝えるのは罪だと思わないんです。まあ推しオタク嫌いですけどね。てかオタクじゃなくて私が嫌われてるのかな?・・・そもそも認知されていません。

だから推しを好きなこの瞬間、めいっぱいの大好きを伝えたいんです!!

私はいま恋をしています!ハッピー!!

今の私の夢は推しに直接「大好き」って言うこと!最後に「応援してます」って付け加わっても加わらなくてもどっちでもいい。どう受け取ってもらっても構わない。

叶うかなあ?ねえ推し接触しよ??写真集出そ?嫌がってましたけどね!

 

もう私はあの時会って「この人だ!」って思ってからどうしようもないくらい中島さんのことが好きなんです。今でもハッキリと思い出して胸の中がひりひりするくらい好き!大好き!もっと知りたい見たい応援したい!こんなどうしようもないガチ恋オタクでごめんなさい!でもやっぱ好き! 

ねえずっと会いたかった 恋することが世界の平和

ねえずっと会いたかった 変えて見せる愛でFuture

だいすき 会いたかった まわる地球 恋する純情

だいすき 会いたかった 何でもできる FantFuture!

♪『Funtastic Future』田村ゆかり